カテゴリー別アーカイブ: 技術

会社で遊ぶ事の大事さ

ふと思ったんですが、これってすごく重要。今思えば新しいことはほとんど会社で遊んでいる時に学んでいました。

遊ぶと言っても、無駄にゲームとかして遊んでいるのではなく、何か今やっている業務と関係の無い事をやったり調べたりする事です。

EC-CUBEもconcret5も最初はそうでした。
と言うか今やっている仕事全てがそうでした。

最初は副業の企画書作り

最初の遊びは携帯会社で働いているとき。
登録業務などのかたわら、同僚とアパレルの副業を始めようとなった。

空き店舗を曲がりして催事をやるっていうのなんですが、空き店舗の大家さんから許可をとらないといけない。
なので、許可を取るために、どれだけ空き店舗で催事をすることがメリットになるか?の企画提案書を作った。

当時、僕は21歳とかで、企画書なんて見たことも無かった。
Googleで「企画書の書き方」を調べて、勤務時間中にその通りにWordで作った。A4縦長で3枚くらいだったかな?
今思えば字が多くて見づらかったと思う。

でも、その時に覚えた企画書の作り方はその後ずっと役に立った。今でも役立ってる。

引越しの時に荷物を片付けてたら、その企画書が出てきて、「懐かしいなぁ〜」と読んでみた。
さぞかし幼稚で低レベルなものかと思いきや、その時の自分が読んでも良くできてた。説得力あったなぁ。

パソコン大好き

昔から機械が大好き。コンピューターなんて、なんて夢の溢れる機械だろう。

大したことできないのに弄りまくって調べまくった。

ゲームからPhotoshop、Ilustrator、Pagemaker、DTMもやったし、3DCGもやった。
趣味でVine Linuxのコンパイルとインストールもやったよ!グラフィックカードのドライバがまだイマイチでちゃんと映すのに苦労したなぁ…

これも勤務時間中にもやってた。

そしたら当時の社長が「パソコン得意でしょ?」って給与計算の仕事を振ってきた。

そこからはもうひたすら業務アプリの開発。

気づけば2億円規模のシステムを一人で作って運用してた。
今考えれば怖い…w

その後も仕事じゃないことで遊んで仕事にしてきた

写真が好きで撮影の仕事をするようになり、問題解決が好きでコンサルもマーケもやった。

30手前くらいで、僕は好きでも無いことを頑張れないヘタレなんで、こうやって好きなことを仕事にしていくしか無いと気付いた。

だから、世の会社はもっと社員を遊ばせれば人は育つと思うんだよなぁ。

良いエンジニアの条件

職業柄、IT系の情報は常にチェックしています。
やれ何ソレがバージョンアップしたとか、最近の開発手法はコレが流行ってるとか、多岐に渡ります。

色んな偉い人が、どんなコードが良いか?などコードの書き方、言語、開発手法について書いており、ネット上でも盛んに議論されています。

昔から思ってるのですが、何か違うんですよね。

ITは工具箱

IT(技術)とは要は工具箱です。
ハンマーやノコギリ、ドライバーなんかが入っています。

世界中の人がハンマーやノコギリの上手な使い方について真剣に議論しているんですよ。
場合によってはどのドライバーセットが優れているか?なんて論争が起きたりします。

でも何のための道具箱?って事なんです。

続きを読む